北野緑生園

北野緑生園

〒587-0041
大阪府堺市美原区菅生1328

TEL:072-361-0278

お問い合わせ

バルセロナ sono①

僕が撮った正面玄関から見上げたサクラダファミリアの全体像。imageimage
建築と庭について。
僕は植木屋だが建築が大好きで、自分の家を建てる以前から建築雑誌を読み漁っては素人ながらに知識を吸収していた。当時からアントニガウディの作品を見ていたが、いつかは本物をこの目で見てみたいとずっと思い続けて、今回思い切って旅立つ機会を得る事が出来た。
実際に生で見ての感想は圧巻で、今迄の見たどの建築物よりも作者の生々しい気迫が一番感じられた物であった。又、ガウディの文献を読んでみて隣国フランスのコルビュジエとは同世代でありながら評価が全く違うのは同じ建築家として古くから歴史的に隣国と常に対抗心を持っていた為だと思う。
どのガウディの作品を見ても本当に細部に迄こだわったディティール、時間を惜しまず作り上げた緻密さ、職人の気迫の凄まじさに圧倒される。物作りの仕事をしている人は一度でも良いから生の現物を見ることを絶対に薦める。建築家の方より植木屋の僕が語らうのもなんだけど、多分目につく所は同じだと思う。100年前に活気ある産業革命の中、保守的なものから新しい何かを創造するエネルギーに満ち溢れていたガウディは頭の中にガウディしか描けないパースを描いていたに違いなかったと思う。それはガウディが作った新興住宅地のグエル公園や庭にも活かされていた。
そう、ガウディは建築だけではなく赤松やアガベを庭や公園の計画に入れて植栽をしていたのはまぎれもない事実だと僕は確信した。
image

image

image

image
8月のバルセロナは北欧からのバカンスで訪れて来る人で街は大混雑だ。
image


  1. HOME
  2. 緑生園blog
  3. 日常のこと
  4. バルセロナ sono①