北野緑生園

北野緑生園

〒587-0041
大阪府堺市美原区菅生1328

TEL:072-361-0278

お問い合わせ

原風景再生 ①

クライアントに最高の素材で最高の物を作ることを目的に、今秋から来年に向けての雑木樹木を図面に落とし込みながら幾つもの山を歩いては、雑木を見て回った。荻野寿也景観設計の荻野氏と荻野彰大設計担当の2名と私で北関東を重点に調べた。始発の新幹線に乗り、名もない寝れたら良しの旅館に宿を取り最終の新幹線で帰る。
ハードな日程と思われるがこれが僕らにはいつもの日常のパターンだ。
IMG_8860
今回は日照条件に耐えうるならば植えた場所で育って行く事を念頭に緯度が西日本に近い場所で選ぶ方が良いと言う事を話し合いの中で取り決め宝の山に挑んだ。
IMG_8659
IMG_8626
山の中では頂上付近の尾根伝いには雑木の樹形は低くて木の上の方で横広がりの樹形が多く、この理由は頂上では強風に何時も晒されているからである。横に伸びた面白い樹形を探すならば山の中では尾根に行けば良いのだが、実際に仕事で山の木を掘り取りをするのは滑落事故の危険と下の道路から頂上までの長い道のりの往復距離等、重労働が付き、非常にハイリスクの付く作業で山師の人は尾根の木を掘り出すのはどうしても避けたがる。
IMG_8667

IMG_8624
荻野氏曰く此処は宝の山だなあと。この場所をそのまま現場に持って行きたい位だと。 心地良さの中で感じる自然こそが僕の考え得る原風景再生だと教えて頂いたのが印象に残っている。
道のない山の中を野薔薇の棘に手足を絡めれつつ、登っては下り、その繰り返しで、そうして腹が減った頃に待望の昼食の時間がやってくる。
IMG_5227
NHKのサラメシのロケハンか?と遜色無い絶好の景色だった。

IMG_5230

IMG_5231
今日の昼メシはと言うと山師さんの奥様の全て手料理で、昨日山で採れた松茸尽くし料理を頂いた。おにぎり、味噌汁、揚げもの、料理はシンプルだが松茸の香りが服に迄付く位に採れたては美味いものだった。私達は山の中で今迄で最高のおもてなし料理を頂き美味しいと言うものを心底味わった。やはり日本の料理はうまいなと思った。
IMG_5264

IMG_8674
逆に山の谷筋にある雑木の樹形は谷の下から上に光を求めて上に伸びて行くので総体的に背が高くて下枝が無い樹形である。中庭に入れる様な場所では植生が良く似て最適だと思う。連立して雑木を組み立てて使う場合も良い。