北野緑生園

北野緑生園

〒587-0041
大阪府堺市美原区菅生1328

TEL:072-361-0278

お問い合わせ

日本の暮らしとジョブズの名言。

緑を使い日本の暮らしをより豊かにする。
Exif_JPEG_PICTURE
不明 (2)
「質を測る物差しに自らならなければならない。卓越さが求められる場に慣れていない人もいるからだ。」
スティーブ・ジョブズの本を読んで見て、そう…確かにそう思う!初めてのiPodの時は、なんだこれ⁈オモチャ?みたいな感じだった。それが今はiphoneナシの豊かな生活は考えられないですよね。そこで昨今、 僕が長年携わる植木や花、皆んなが面白い植物を輸入していてメディアで注目されるのはとても歓迎される事だけど、それらを一時のブームだけと捉えられる所は危惧するとこだ。
植物は奥が深い。ビジュアルを優先して売りに行くが、その後のメンテナンスが最も重要なことを説明しない、出来ない方々が殆どだ。
IMG_6288IMG_6528
写真の容器に入れても輸送時のパッキングの仮の姿で、この様は植物が弱るばかり。これは避けた方が良い。
植物が良く育つには何が必要で何を行わないと行けないのか?を詳細な数値や語句を持って説明出来る方との出会いを大切にした方がクライアントにはより永く幸せになると思う。写真のオリーブを直径1.5mの鉢に入れて試験的に2年間見たが、オリーブの根は伸びずに樹勢が弱く、葉が黄色くて内側に巻いていた。典型的な弱くなったサインだ。
IMG_6553

IMG_6556
僕の所のオリーブは手鋏みで枝をバンバン切る。葉の色艶、根の張り、樹勢、実のなり様。他社の輸入オリーブとは全然違う。むしろ本国より日本の育ちの方が良い。僕はその理由がキチンとお客様に説明出来るけど。普通は扱うのだから丁寧な説明責任が必要だよね?何故にバンバン⁉︎と切るのか?、それは何をして何かを行わないと行けない理由があるからだ。お客様に価値以上の物を更に上乗せしたいと僕は思うから。
IMG_6431
春先に花がびっちりと咲きやがて大きな実になって行く様。11月に向けて日々大きくなるのを見る楽しみはオリーブならではである。僕の私見だが、もっと大きくな〜れ。もっと大きく!と欲が出るんだよね。可愛いです。

IMG_6434
このスペインから来たオリーブ ピリネオ は日本に最初に入った物だけど(其れは大したことでは無い。)特徴はレッチーノの実に似て入て実のなり様が良い。樹勢があり、どの様な樹形にも持って行ける。こんな素晴らしいオリーブをブームが去ったら見向きもしない業者が殆どだろう。ビジュアルだけだから。端っこに追いやられ痛んだオリーブをヨーロッパ大陸の人達が見たらきっと残念と思うだろうな。
僕が歩いたヨーロッパの小さな無名の街でもオリーブはとても大切に扱われていた。文化を尊する日本でも愛されて頂きたいと思います。
土に還って接するとこんな素晴らしい植物は何処にもない!と僕は叫びたいですね。

IMG_6436

冒頭のジョブズの言葉に全ての意味がある様に、私の所の沢山あるオリーブや取り扱いをしている全ての植物には何処よりもお客様の価値が得られるように、技術があり、知識を持って、そして、お客様の暮らしを豊かにするキーワードが北野緑生園にはある。

クライアント曰く「じゃあ、そろそろ見に行こうか」。


  1. HOME
  2. 緑生園日記
  3. 北野オリーブのこと
  4. 日本の暮らしとジョブズの名言。