北野緑生園

北野緑生園

〒587-0041
大阪府堺市美原区菅生1328

TEL:072-361-0278

お問い合わせ

趣味の自転車

IMG_6941
ヒルクライムレースのゴール直前の僕をカメラマンの方に撮って頂いた姿です。これがまさに全身全霊の僕です。欲を言えばもう少し僕の予想していたベストタイムかな?だったけど、やはり練習は正直な物でタイムに直結すると言わざるを得ない。
IMG_6943
スタート直後は一斉に飛び出す選手も多いがが、直ぐにバテバテになりやがて3分の1位走った辺りから落ちて来る。しかしフィジカルが本当に強い選手はその勢いのままゴールまで走り切るからTOPを狙うならばついていかなければならない。フィジカルに存分の自信があればだけど、48歳の僕には無茶なので冷静に初めは落ち着いて始めようのタイプだ。IMG_6942
僕、(よしよし、慌てるなよ、俺。今日は落ち着いて前の奴の尻を見ながら走り、隙を見て攻めて行こう作戦だ…。)とこの写真に写っている時の心境です。しかし興奮が過ぎるとレースの最中アドレナリンが異常な程に出て普段出せないパワーや、見た事が無い位の心拍数が上がり頭の中が色々な事が廻って行く。
IMG_6756
その時の頭の中は何故か⁈体重60㎏切るダイエットの影響かソウルでとても驚いて美味だったサムギョプサルや、190近い心拍数に耐える為、知人のガチムチの実業団の選手に和歌山奈良の山中をトレーニングと称し150km近く引きずり回されたりとか…。
IMG_1785
IMG_1784
そして激坂の途中で内臓が耐えれなくなり吐いている時に道端にあった綺麗なハイ苔が自生しているのを見つけた事などを記憶が蘇り気がつけば1時間後のゴール直前の景色に戻る。
IMG_1778
自転車は正に色々な事を教えてくれる。
まるで勝者の余裕で写っている写真は自宅から龍神温泉まで片道およそ100㎞自走して行ったのだが、その帰りにエネルギーが切れて足が全く動かなくなった。…とかそんな予測不可な事例が次々と起こる。パンクは当たり前。急な土砂降りの雨に当たる。アブに追いかけられ刺される。コーナーを曲がったらヘビを踏んでしまう。最恐な経験は岡山県の山中でヤブの中からいきなり飛び出して来た首の辺りが白い熊が目の前を吠えながら横切って行った事など…。1000mを超える標高のまるで壁の様な坂をゆっくり登っている時は、その山中の樹種が改めて観察出来たりと決して車ではわからない身近な自然の事が経験出来てフィジカル、メンタル共に仕事に繋がる要素が多くあるので当分は辞められそうに無い。
IMG_1777